ニュートラル

neko.jpeg久々にのんびりした気分で過去の日記を読み返していた。
2002/11/13(水)にこんなことを書いていた。
どっちにする?どっちも欲しい!!
全てを知って把握しておきたいと思う気持ちと
何も知らず、頭をからっぽにしておきたいと思う気持ち
ちらかった部屋に居たい気持ちと
何もない場所で暮らしたい願望・・●私は結局こんなふうにしか生きられない。どっちにも波のように揺れて流れて、バランスをとり、欲張りに生きる。感受性のかたまり。どっちつかずと言われても、器用貧乏と言われても、これが私だ。無理してじっとしてても、揺り返しが来るだけだ。
「不器用ですので・・これしかできないので」という人はかっこいい!!ひとつのことを続けていって、それで名をあげている。でも私にはできない。したくもない。何かをつきつめる探究心はあるけど(知り合いに言わせれば)、でもそれをひとつと決めたくない。
パソコンをしていると「デジタル人間(具体的にどんな人なのかは知らない)」と決め付けられることがたまにある。技術系の仕事をしているときも、数字しか頭にないように言う偏見のかたまりのような言葉にはたまに出会った。
しかし、たとえばネットは「道具」だ。目的ではない。目的は人とつながること。
たとえばネット上に出す絵は、紙に描き、色塗りも結局は自分の感覚で塗る。「パソコンで描くというからデジタルと思ったら絵はアナログなんだね~」とよく人に言われる。中間なのだ。
そしてしていること・・写真を撮り、絵を描き、文章を書き、ページ作成の技術を独学して、作り、人に宣伝していくことは、考えてみれば行き着くところ、「自己表現」だ。
過去にしていて、またはじめようと思っている音楽も結局はそうなのだ・・たぶん。
はじめて会った人ほどよくしゃべるのも(人見知りなのだが)、人とのつながり&自己表現を目的としているからだ。二つとも「方法」であり、「目的」でもある。
性質として腕時計はできない。時間は「かかるだけかける」
ただ仕事の〆切は、自然と守る。会社にいるときからそうだったが、なぜか今日の5時までと決めると、そうなる。4時59分に終わるのだ。今も更新の締め切りは、きっちり守れる。それは無意識に、目的意識を持ち、優先順位を決めて、「とりあえず」で、片付けて行くから。知らずに何かを振り落としている。要領がとってもよい。
↑ここだけ見ると私は器用人間だ。
一方、趣味の世界ではそういうきめごとはない。時間はゆったりと流れ、自分の人生の時間は自分のものだと言い切る。のってくれば、次の日のことは関係ない。徹夜も平気だ。学校も平気で休んでいた。だって、時間は私のものだから。私の人生だから。
宇多田ヒカルの「キャンバスはきみのもの~るんるん」だ。自分の好きに描けばいいのだ。
↑ここだけ見ると私はマイペース
二面性どころではない
nobinobi.gifものごとを一本の綱としては考えない。一つのことにいくつもの枝葉がつき、そこにはまた新しい発想が生まれる。のびのびした関係の相手だと、会話も楽しい。止まらない思考をどちらも拒否しないから。脳細胞もいきいきするのだ。ひとつ拒否されれば、神経がそこで切れる。発想は生まれない。興味のあることに素直になるのは、脳のためにも正しいと思うのだ。何かをしたいと言ったときに、目を輝かせて「なんでもやってみろ」と言う人と一緒にいれば、いつまでも脳は若いだろう。逆に「無理」と否定する人と一緒にいれば、その時のいやな気分だけではすまない損害があるのだと思う。極端な話、笑い方、着ている服、話し方まで、だめだしをする相手といると、脳細胞は死んでいくのではないだろうか?
●昼にセブンイレブンでカツサンドとカフェラテを買い、景色をながめながら、車の中で食べて、夏じゃないような ほどよく冷たい風に吹かれて、青空を見ている・・眠くなって目を閉じる。目を閉じていると、風がますますほどよく感じられる。最高だと思う。久々に感じる心地よさだった。
好きだからこそ傷つくことも多く、相手の身勝手さに振り回され、いや、身勝手と思う自分が悪いのだろうか?と悩み・・相手が自分を誤解し否定する言葉にまた傷つき怒り、心の中で言い訳する。・・そんな、「過去に苦しめられる時間」はもう終わった。
良いも悪いもなく、喧嘩してもやはりまた会いたくなるなら、それは自然な「縁」なのだろう。静かに遠くから愛していればいいのだろう。
正午にみんなで黙とうした。サイレンがきっちり1分間鳴り響いた。経験していないが、映画やドラマなどで見た戦争のことを思った。
今夜限りで会えないのなら、やさしい目をしないでね?あなたのことは追わぬと決めた、心がゆれるから・・竹内まりやの歌を急に思い出した。ユーミンの「埠頭を渡る風」と同じで、すっごくドラマチックなメロディー
歌はいつも私をニュートラルにもどす
行き先を決めず出かけるのが好きだ。自分を持たず、気になる方へ。自分を決め付けると、それで成長がなくなるようだ。どんなふうにも私は変わる・・揺れながら、高みへ・・自己はほとんど空である。「言葉ではよく説明できない」けれど、他の部分で分かるのだ。そうやって今までやってきた。なまけたり、努力したりしながら、じっと波を待った。
その他日記を読み返してみて
2001年11月2日(金)の日記・・私の居場所はどこだろう・・?
「私は何になればいいのか。」と、同時に、こうたの成長もつねに見ていなければ、もったいない。どちらかを後回しにすることはできないんだ。時間は同じようにたっていくから。今、私は、自分らしい仕事をすることに夢中。自己紹介する時に自分の仕事を言うときの誇らしさを感じたい。一番に思う。「私はこの仕事が好きだから、朝からいつもわくわくしてるんです」と・・
テレビでやってた。なまず好きの男の人の話し。せまいアパートに水槽いっぱい。奥さんは「なれれば大丈夫なもんです(笑)なれです。」私もたぶん似たようなこと言うなぁ。大事なのは内容なんです。優先順位は・・そうなんです。夢なんです。趣味なんです。一瞬一瞬を建設的なことのために使いたい・・この先に夢の実現が待っている!出来上がりが目に浮かび、毎日寝るのもおしいような気分でいられる・・そんな仕事がしたいの。オブジェとかを作る芸術家が毎日毎日鉄板を加工してるような・・この作業はずっと先の大きな目標に向かう一部なんだと誇れる作業を・・していたいんだ。時間は貴重です。「歴史に残る運命的な恋愛を作っているんです」ってのもいいね。
●天職は見つかりましたか?
何年か前、初詣で手をたたきお願いするときに、家族の健康やしあわせのほかに、天職を願った。その年の終わりにそれはなんだかかなった。その前の年も何かかなったのだ・・たしか・・
自分を生かせる仕事をしはじめたら、次の初詣には恋愛を願った。その年の6月に出会いがあった(ま、それはいっか)大事な時間だから、自分を生かせる仕事に費やしたいと願った。それができてる今に感謝する。そしてまた少し欲張りになって、次の目標を見つける。

好きなことだけ・・2002/4/9
「天使にラブソングを」・・で、たしかこんなことを言ってたような・・「朝起きて、詩を書くことしか浮かばなかったら、あなたは詩人です。あなたはどうなの?」
思った日・名乗った日から、私は★★です。
●知り合いの絵が好きな人にはそういうのだ。「今日から私は絵描きです!」と宣言すればいいと。そして、一人でも買いたいと言った人がいれば、完全にあなたは絵描きである!!もっといえば買いたい人がいなくても可!!

言葉・・2002/4/4
相手を喜ばそうと思って言った言葉で、逆に傷つけちゃったり・・むかつきポイントは、人それぞれなんだもんねぇ
かまったらうるさがられて 、かまわなければ寂しがられて・・
うらやましがったら「苦労も知らないで」・・たいへんねと言えば「同情はいらない」と・・(^^;
席をゆずれば、「年寄りあつかい」・・がんばってと言えば「これ以上がんばれと?」
全てを悪気にとるのは可能。全てを好意にとるのも可能♪

2002/03/29 イマニキット
「今にきっと!」・・会社にいる頃、仕事の帰り、車の中で、問題を抱えている自分に、言い聞かしてたのです。たいへんだけど夢がたくさんだったのです。今はその「今」が、今だと思ってるのか??夢が持てなくなってるのです・・こんなもんかと冷めている。思うような仕事をしている今。いつも、目を輝かせて「明日はきっと!」と思えたら、自分らしくいられると思った。だから欲しいものはたくさんあったほうがいい。★貯金、★立派な仕事、★あまーーーい恋人(笑)

未来は白紙・・2002/5/1
人の気持ちは変わる。悪く変わるものなら、良くも変わるのが自然。